月別アーカイブ: 2014年11月

Rippleって食べれるの?

いえ食べれません。

暗号通貨Bitcoinは某事件でご存知の方が多いと思われますが、Rippleはその暗号通貨を誰でも発行できる仕組みそのものです。

Rippleネットワークを作ったのがRipple Labsという会社で、あのMt.Goxを作った人が作りました。

ジェド(Jed McCaleb)って呼ばれてます。

ジェドさん今は辞めちゃって、新しくStellarっていうRippleそっくりのシステムを運営してらっしゃいます。

 

でこの暗号通貨っていう定義がまた微妙でして、要は分散型のサーバ全体で処理を行いますので、一旦処理された数字は改ざん出来ないんですね。

ですので、通貨というよりは、「電子的に記録された価値」というふうに定義されてます。

最近されました。(2014年11月現在)

ビットコインをはじめとする「価値記録」へ䛾対応に関する【中間報告】

 

で、この価値記録をRippleではIOUsを呼んでおります。

RippleはIOUsを誰もが発行できるシステムなのですが、Ripple自身もIOUsを持ってます。

XRPがそれです。よくRipple=XRPと解釈されるのはそのためですが、XRPはあくまでRippleネットワークの中の、いちIOUsという解釈で結構だと思います。

コイン(価値記録) = IOUs
Ripple = IOUs発行システム
XRP = Rippleネットワーク共通のIOUs

 

この改ざんできない数字を、何の数字なのかを決めるのがゲートウェイといわれる所です。

 

例えば、ABCっていうIOUsをとくぴょんって人が発行したとします。

これだけだったら、ABCはとくぴょんさんのただの自己満足で終わってします。

ABCに何らかの価値を持たせる為にとくぴょんさんは、1ABCを1円と交換する条件を付与しました。

 

これで、ABCはとくぴょんさんが裏切らない限り、現金と同等の価値になる訳です。

これを国内で商売として本気で行っているのが、東京JPY発行所さんやクラーケンさんですねSmile

ゲートウェイの設置方法(Windowsバージョン) その1

僕もRippleを初めてはや一年。

そろそろ自分のゲートウェイを作りたいと思います。

とは言うものの、参考にする解説サイトは全部英文…

技術の人ならまだしも、僕のようにそもそもちょっとパソコンがいじれる位のタイプの人間にはなかなか敷居が高いというものです。

 

んがしか~し!

遂にここ日本で、日本人による日本人為のRippleエバンゲリストが現れました。

1
http://bitcapitalz.hatenablog.com/

 

その名もびっとぶりっとさん!

いや~有りがたいですね^^

びっとぶりっとさんは他にもモナコインのオンラインウォレット・サービスやサークルも運営されています。

・Top | BitCapitalZ | Monacoin wallet
https://ja.bitcapitalz.com/

・PobitsCircle | monacain対応のサークルポータル
http://circle.pobits.info/

びっとぶりっとさんの解説はLinux環境ですので、このブログではWindows版に翻訳した解説をしていこうと思います。

 

なにしろ開発者でもない人間がむりやり解説致しますので、つたなくなってもお許しを。

また、変な箇所とか追加等あればご指摘頂ければ超うれしいですSmile。